ハリアーの人気ボディカラーは?対応色も知っておこう

ハリアーのボディカラー情報まとめ

ハリアーはそのステータス性がなんといっても魅力ですが、プレミアム感を高める役割として重要なのがボディカラーです。ハリアーには計7色のボディカラーが用意されており、そのルックスを演出する役割を果たします。

 

ここでは、ハリアーのボディカラーについてまとめ、各色の対応状況や料金、人気ボディカラーランキングなどを紹介します。

 

ハリアーのカラーバリエーション

 

まず最初に、ハリアーのカラーバリエーションを知っておきましょう。

 

 

カラー名 画像

ホワイトパールクリスタルシャイン

 

白色

シルバーメタリック

 

シルバー

ブラック

 

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

 

濃紺

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

 

青色

ブラッキッシュレッドマイカ

 

赤色

ダークブラウンメタリック

 

茶色

 

↑の全7色がハリアーのボディカラーバリエーションとなります。全体的に濃いシックな色が多く、落ち着いた雰囲気があります。中には青色などもありますが、最近トレンドのパステルカラーは用意されていません。

 

各ボディ色の対応状況

 

ハリアーの全7色のボディカラーは、全てのグレードで選ぶことができます。車種によっては、グレードごとに設定NGのボディカラーがあったりしますが、ハリアーの場合はその心配はありません。

 

特別仕様車のボディカラーは?

 

 

ハリアー特別仕様車の「PREMIUM"Advanced Package・Style ASH"」については、全5色のボディカラーバリエーションとなっています。

 

  1. ブルーメタリック(特別設定色)
  2. ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  3. ホワイトパールクリスタルシャイン
  4. ブラック
  5. スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

 

特に「ブルーメタリック」については、特別仕様車のみの特別設定色となっており、このグレードを選択しないと設定できません。通常バリエーションにはない鮮やかな青色となっており、特別なハリアーに乗りたい場合にはうってつけとなっています。

 

追加料金が必要となるボディカラーについて

 

ハリアーには、メーカーオプション扱いとなり、追加料金が必要なボディカラーがあります。オプション扱いのカラーと価格については以下の通りです。

 

ホワイトパールクリスタルシャイン(白色) 32,400円(消費税抜き30,000円)
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(濃紺) 32,400円(消費税抜き30,000円)
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(青色) 32,400円(消費税抜き30,000円)

 

ハリアーの人気ボディカラーランキング

 

ハリアーのボディカラー選びで悩むようなら、人気の色から選ぶのもアリでしょう。ここではハリアーのボディカラーランキングを紹介しますので、他の人が選んでいる「人気色」を選ぶのも手ですし、あえて人気のない色を選んで個性派ハリアーを選択するのもよいでしょう。

 

順位 カラー パーセント
ホワイトパールクリスタルシャイン 33%
ブラック 27%
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン 10%
4位 シルバーメタリック 6%
5位 ブラッキッシュアゲハガラスフレーク 5%

 

たいていの車種がそうですが、ハリアーでも「白」や「黒」などのシックなモノクロ色が人気です。白は追加料金カラーなので、それでも選ばれているというのはかなり人気が高いと言っていいでしょう。また、濃紺色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」が3位に選ばれているのも要注目で、個性派のハリアーに乗りたい人が意外に多いことがわかります。

 

4位のシルバーメタリックは順当ですが、5位の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(青色)」以降は横並びとなっています。

 

もし無難に選びたいなら白や黒、シルバーといった色、ユニークな色で攻めたいなら濃紺や青といった色から選ぶのがいいでしょう。

 

旧型ハリアーのボディカラー比較

 

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. シルバーメタリック
  3. ダークグレーマイカ
  4. ブラック
  5. ベージュメタリック
  6. ライトブルーメタリック
  7. ダークブルーマイカメタリック
  8. ライトブルーマイカメタリック

 

↑は旧型ハリアーのカラーラインナップです。

 

色の選択肢が少ない

現行型ハリアーに比べて、全8色となっているので色数自体は多いですが、ブルー系が多く選択肢としてはそれほどないような印象があります。その他の色は白や黒、シルバーとなっており、現行型にない色合いはベージュくらいです。

 

従って、新型ハリアーに比べて色の選択肢はあまりありません。

 

追加料金ボディカラーは少ない

 

旧型ハリアーの場合、メーカーオプションカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」のみとなります。一方、現行ハリアーは3色が追加料金ボディカラーとなっているので、メーカーオプション色については旧型ハリアーのほうが良心的です。

 

このように、旧型ハリアーは色数自体は多いものの、ブルー系が3色もあり、色合いの選択肢はあまりないと言えるでしょう。現行ハリアーはシックな色合いでまとまっているものの、さまざまなカラーリングから選ぶことができる点では魅力があります。


愛車の買取価格を知っていますか?


ハリアーを買いに行くなら、愛車の相場は必ず調べておいた方がいいです。愛車の価格を知らないで商談に入ると、下取り額が高いのか、安いのかわかりません。そして、数十万円からの大損ということもありえます。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。
かんたん車査定ガイドであれば、↑の画像のように愛車の買取相場がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/