ハリアーのモデルチエンジ次回予想と時期の推移

ハリアーのモデルチェンジ推移と次回時期の予想

ハリアーのモデルチェンジが起こるたびに、値引き事情はガラッと変わってしまいます。そのため、

 

次回のモデルチェンジがあるようなら、買うのは控えたい
モデルチェンジ前の安い時期を狙ってみたい

 

↑のように、ハリアーのモデルチェンジ時期を狙って交渉していきたい人も多いはずです。

 

ここでは、ここまでのハリアーのモデルチェンジの推移、そして実際にディーラーで聴いてみた情報などをベースに、これからのハリアーのモデルチェンジ時期予想、推移について説明していきます。

 

今の状況は?

 

ハリアーのフルモデルチェンジは2013年となります。それ以外にもマイナーチェンジ・特別仕様車発表などを随時行っています。現在の最新情報は以下の通りです。

 

2017年6月

 

 

ハリアーマイナーチェンジ

今回のハリアーマイナーチェンジの目玉

  1. ターボエンジンモデルの追加
  2. インテリアエクステリアのデザイン大幅変更
  3. 全車にトヨタセーフティセンスP標準装備

など

 

ターボエンジンモデルの追加

今回新しく追加されたターボエンジンモデルは「8AR型2.0L直4ターボエンジン」を搭載、これはレクサスNX・GS・クラウンなどにも搭載されている最新技術の詰まったエンジンです。ハリアーは今回トヨタのFF車としてはこちらのエンジンを初めて搭載することになります。

 

これにより、今まではコストや燃費性能でグレードを選択していたドライバーに「走り」という新しい選択肢が提示されたことになります。間違いなく今回のマイナーチェンジの一番の目玉だと言えるでしょう。

 

また、このターボエンジンモデルの追加に併せてグレード体系も大きく変更されています。

 

マイナーチェンジ以前まではGRAND、ELEGANCE、PREMIUM、PREMIUM Advance Packageの4系統にそれぞれ2種のパワートレイン(ガソリン・ハイブリッド)の全8グレードの構成でした。

 

しかし、マイナーチェンジ後はELEGANCE、PREMIUM、PROGRESSと簡略化が行われました。それにガソリン・ターボ・ハイブリッドの3種で全9グレードの構成となっています。それぞれのパワーユニットを選び、そこから廉価・中位・上級グレードを選ぶ形となり、グレード選択がしやすくなっているのが大きな特徴です。

インテリアエクステリアの変更

 

カラーラインナップが一新、ラインナップは

 

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. シルバーメタリック
  3. ブラック
  4. スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
  5. ダークレッドマイカメタリック
  6. ダークブルーマイカメタリック

の6色となりました。

 

既存色の「ブラッキッシュレッドマイカ」、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」、「ダークブラウンメタリック」は廃止となっています。

 

エクステリアに関してもヘッドランプが2連から3連に、グリルデザインの変更など多くの変更がなされました。

 

また、インテリアもシートカラーにブラウン系を追加、純正ナビの画面拡大、室内灯をLEDに変更など多くの変更がありました。

 

全車にトヨタセーフティセンスP標準装備

グレード体系変更に伴い衝突回避支援パッケージトヨタセーフティセンスPが全車標準装備化。

 

  • 先行車両や歩行者を検知して衝突回避を支援するプリクラッシュセーフティシステム
  • 道路上の白線を認識して車線逸脱回避をするレーンディパーチャーアラート
  • ハイビームとロービームを自動で切り替えて夜間の歩行者早期発見につなげるオートマチックハイビーム
  • 車間距離を自動的に保ちドライバーの運転負荷を軽減するレーダークルーズコントロール

 

この4つの機能によりドライバーの安全運転をサポートします。

 

 

ハリアーのモデルチェンジ時期の推移

 

ハリアーの次回モデルチェンジ予想をするためには、まずこれまでのモデルチェンジ推移をチェックする必要があります。そうすれば、次回のハリアーモデルチェンジ時期予想も自然にできてくるはずです。

 

SXU・ACU・MCU1

 

 

1997年12月 ハリアーが新発売。
1998年6月 特別仕様車「ハリアーザガート」発表。イタリアのタイヤメーカーザガート社(カロッツェリア)とのコラボモデルで、専用アルミホイールやオーバーフェンダーなどを採用した。
2000年11月 マイナーチェンジ。2200cc直列4気筒エンジンを2AZ-FE型2400ccエンジンに変更し、廉価グレード以外はディスチャージドヘッドランプに変更された。

 

ACU・MCU・GSU3#

 

 

2003年2月17日 フルモデルチェンジ。エンジンはV型6気筒3000cc(5速AT)と直列4気筒2400cc(4速AT)の2種類が用意される。最上級グレードは電子制御エアサスペンション搭載。なお、海外ではレクサスシリーズの「RX」として販売され、人気を集めた。
2006年1月10日 マイナーチェンジ。3500ccの2GR-FEエンジンを新規採用し、VSC&TRCの追加装備やオートレベリング機構付きディスチャージヘッドランプの全車標準装備など大幅な装備追加が行われた。また、このころハイブリッドもラインナップに加わった
2009年8月18日 特別仕様車「240G "Lパッケージ・Limited"」発売。240Gをベースにパワーバックドアや運転席マルチ8ウェイアジャスタブルシート、後部座席の4:2:2分割可倒式化などが行なわれた。
2009年11月 レクサス「RX」が日本で販売開始される。ハリアー販売は継続されるが、3500ccエンジングレードは廃止。
2011年10月3日 特別仕様車「240G"Lパッケージ・ALCANTARA Selection"」240Gをベースに、アルカンターラ専用シートや本革巻き3本スポークステアリングホイール、パワーバックドアや8ウェイマルチアジャスタブルシートなどを採用した。
2013年7月24日 ハリアーの販売がいったん終了する。

 

ZSU6#W/AVU65W

 

 

2013年12月2日 フルモデルチェンジ。RAV4の海外モデルをベースとし、水平基調のデザインを継承しつつも力強い外見に変更された。エンジンは2000ccの3ZR-FAE型を採用し、トランスミッションもCVTに変更。アイドリングストップなどの採用により、ガソリン車16.0km/リットル、ハイブリッドは21.8km/リットルを達成。
2016年5月23日 特別仕様車「Style ASH」が発売。PREMIUMをベースに特別設定ボディカラー「ブルーメタリック」や特別内装色「ウォームグレー」が選択可能になるほか、快適温熱シートなども搭載。
2017年6月8日 マイナーチェンジ。「2.0L直噴ターボエンジン8AR-FTS型」を搭載したターボ車を新設定。グレード体系を「ELEGANCE」「PREMIUM」「PROGRESS」の3系統に簡略化。カラーラインナップを6色に整備。トヨタセーフティセンスPを全車標準装備化。フロントシートにシートベンチレーション機能設定。運転席オートスライドアウェイ機能設定。その他インテリアエクステリアの大幅変更。

 

ハリアーの次期モデルチェンジ予想

 

これまでハリアーのモデルチェンジの推移・歴史を見てきましたが、マイナーチェンジ、フルモデルチェンジに絞って推移を見てみましょう。

 

 

1997年12月 ハリアー新発売
2000年11月 マイナーチェンジ
2003年2月 フルモデルチェンジ
2006年1月 マイナーチェンジ
2013年12月 フルモデルチェンジ
2017年6月 マイナーチェンジ

 

↑を見るとわかりますが、ハリアーの場合だいたい3年周期で「フルモデルチェンジ」と「マイナーチェンジ」をしていることがわかります。2009年は何もありませんが、大きな変化として海外で発売されていたレクサス「RX」が日本で発売されたことを考えるとつじつまはあいます。

 

その点を考慮すると、予想されるのは

 

2020年にフルモデルチェンジ

 

という流れが予想されます。マイナーチェンジが2017年に行われましたから2020年がフルモデルチェンジ時期になる可能性は高いでしょう。。

 

2020年は東京オリンピックもあるので、何かイベントをしてくる可能性もありますね。

 

実際にディーラーに聞いてみた

 

トヨペットの営業マンに、ハリアーのモデルチェンジについて聞いてみたところ、

 

トヨタはあまりモデルチェンジをしないんですが、特にハリアーはモデルチェンジがなかなかない車種なので、しばらくはフルモデルチェンジはないでしょう。こちらにも、何も話は来ていません。

 

今までの経験からの予想になりますが、フルモデルチェンジは2020年ころになるでしょうね。

 

とのことでした。トヨタはシエンタが10年ぶりにフルモデルチェンジしたほどモデルチェンジをしないメーカーなので、ハリアーも今までの推移を考慮すると2020年ころまでモデルチェンジがないのは十分考えられる予想となります。

 

値引き交渉は?

 

>>ハリアー値引き【50万円オトクに購入する条件とは?】

 

モデルチェンジがあるとハリアーの値引き事情は激変しますが、しばらくはモデルチェンジもないはずなので特に気にせずに交渉して問題ないでしょう。定番の「ハリアー同士競合」「ライバル競合」を駆使して、しっかりハリアー値引きを獲得していきましょう。詳しい方法については↑の記事を参照してください。

愛車の買取価格を知っていますか?


ハリアーを買いに行くなら、愛車の相場は必ず調べておいた方がいいです。愛車の価格を知らないで商談に入ると、下取り額が高いのか、安いのかわかりません。そして、数十万円からの大損ということもありえます。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。
かんたん車査定ガイドであれば、↑の画像のように愛車の買取相場がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/