4WDの評価や対応状況|ハイブリッドのE-Fourにも注目

ハリアーの4WDとE-Fourを評価

ハリアーの駆動方式は2WD/4WD/E-Fourの3種類となっています。4WDに関しては機器が追加されるため、構造が複雑なハイブリッドではNGとなっていますが、その代りE-Fourという先進4輪駆動システムが搭載されています。

 

各パワーユニットごとの駆動方式対応状況は↓のとおりです。

 

駆動方式

ハイブリッド

ガソリンエンジン

2WD(FF)

×

4WD

×

E-Four

×

 

ハリアー4WDの評価

 

ハリアーのガソリンエンジン車であれば、2WDの他に4WDも選ぶことができます。現行ハリアーの4WDは旧型のセンターデフ式フルタイム4WDから、電子制御カップリング式に変更されており、低燃費化に成功。通常時は後輪のトルクをゼロにし、必要に応じてトルク配分を制御する仕組みとなったため、燃料効率が大幅にアップしました。

 

電子制御カップリング式についてはRAV4でのデータ蓄積があるため、ハリアーはそのシステムを改良したものを採用。操舵角やヨーレートを制御パラメータに追加しており、旋回制御性能が向上しているのが特徴です。直線で減速し、アクセルを踏みながらコーナーに入ると、ターンインをしやすくする方向に後輪へのトルク配分を行うことができます。また、ヨーレートフィードバックにより、アンダーステアを検出して最大50%のトルク配分を後輪んい行うことで、アンダーステア解消を行うことも可能です。

 

ハリアーE-Fourの評価

 

ハイブリッドは全車4輪駆動の「E-Four」が採用されています。ガソリン車に搭載される、前輪と後輪をプロペラシャフトでつなぐ方式ではなく、後輪駆動はモーターに任せた4WDのことを指しています。プリウスハイブリッドなどにも搭載された信頼性の高いシステムとなっており、雪道などの悪路走破性をアップさせるのに一役買っています。

 

また、ガソリン車の4WDと同じく電子制御式となるため、シチュエーションに合わせてトルク配分を制御することも可能となっており、旧型の機械式4WDに比べても燃費性能が高いというのも利点となっています。

 

なお、ハリアーハイブリッドは全車標準でE-Fourとなるので、ガソリン車のように2WD/4WDの選択で迷うことがないのもメリットです。

 

ハリアーの2WDと4WDのメリット・デメリットを比較しよう

 

ハリアーのガソリンエンジン車の場合、2WDと4WDからどちらかを選ばないといけません。一般的に、4WDの方が悪路走破性が高くなり、雪道などでも安心して運転できるのですが、燃費が悪いといったデメリットもあるのでかんたんに選べないというのも事実です。まずは、各駆動方式のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

 

駆動方式 メリット デメリット
2WD(FF)

・車体価格が安い
・燃費性能が高い

・悪路走破性が低い
4WD ・悪路走破性が高い

・車体価格が高い
・燃費性能が低い

 

↑の表を見ると、2WD/4WDでは以下の部分で違うことがわかります。

 

  1. 車体価格
  2. 燃費性能
  3. 悪路走破性

 

ハリアーの車体価格の比較

 

ハリアーの4WDは、2WDと比較すると約20万円価格がアップします。これは4WDの方が追加の部品が多くなるほか、構造が難しくなるためで、ハリアーの購入予算を低く抑えたいなら2WDの方がよいでしょう。

 

ハリアーの燃費性能の比較

 

普通、4WDは2WDよりも燃費が悪いというのが一般的です。ハリアーでも同じで、燃費性能の低下は避けられません。

 

「PREMIUM」の燃費性能差

2WD

4WD

16.0km/リットル

15.2km/リットル

 

↑はPREMIUMの例ですが、4WDを選ぶことでぴったり5%の燃費性能低下が起こっています。

 

確かにこれだけ見ると燃費性能減が気になりますが、旧来の機械型フルタイム4WDだと20%程度燃費性能が落ちるのはザラだったので、5%でとどめているのは優秀な部類です。そのため、ハリアーは4WDを選んでも燃費コストはかかりにくい車種と言い換えることも可能です。

 

ハリアーの場合は、4WDにすることで起こる燃費性能低下についてはそれほど考慮は必要ありません。

 

>>ハリアーの燃費はいい?悪い?実燃費は?

 

悪路走破性

 

悪路走破性は4WDのメリットですが、2WDと比較すると圧倒的な性能差があります。2WDだと、デコボコした雪道では乗り上げて身動きができないといった状況があり得ますが、4WDならそれほど苦も無く走行することができるでしょう。

 

ハリアーの2WD/4WD駆動方式まとめ

 

ハイブリッドに関しては、全車で電動式4WDの「E-Four」が搭載されています。そのため悪路走破性が高く、低燃費となるため駆動方式についてあれこれ考える必要はありません。

 

問題はハリアーのガソリンエンジン車の駆動方式ですが、最初にコスト増について考慮していきましょう。20万円ほど価格アップするので、予算が用意できるかが第一関門となります。燃費性能のダウンも気になるかもしれませんが、それほど大きくはありません。

 

>>ハリアー値引きの情報についてはこちら

 

いずれにしても、4WDを選ぶ場合は購入時の予算は増えるので、↑の記事を参考にしてハリアーの車体値引きを狙っていきましょう。

愛車の買取価格を知っていますか?


ハリアーを買いに行くなら、愛車の相場は必ず調べておいた方がいいです。愛車の価格を知らないで商談に入ると、下取り額が高いのか、安いのかわかりません。そして、数十万円からの大損ということもありえます。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。
かんたん車査定ガイドであれば、↑の画像のように愛車の買取相場がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/