G'sの価格や装備の違い、スペック変更点など

ハリアーG'sの徹底レビュー

ハリアーは、「G's(トヨタアフターパーツメーカー)」に対応しています。ここでは、G'sハリアーの装備の違いやオプションなどについてレビューしていきます。

 

ハリアーG'sの装備の違い

 

はじめに、標準ハリアーと「G's」のハリアーの違いをまとめていきます。

 

走行性能の違い

 

ボディ剛性

 

ハリアーの前後輪サスペンションやボディ中央などにブレースを追加して固定し、さらにサイドドア、バックドアにスポット溶接を18箇所も施すことによって、標準車よりも高いボディ剛性を獲得しています。そのため、コーナリング時のボディの「たわみ」を防止し、旋回力を最大限に高めています。

 

サスペンション強化

 

フロント・リヤサスペンションのコイルスプリングを1.48倍(リヤは1.13倍)にすることにより、荷重移動しやすくなり、コーナリングのキレを増しています。すでに説明したようにボディ剛性も高めてあるので、サスペンション強化との相互作用により気持ちのいいコーナリングが実現します。

 

また、サスペンションをローダウン化することによって車高も35mmダウンしており、見た目がスマートになるだけでなく、コーナリングのロール抑制や安定性アップにつながっています。

 

タイヤインチアップ

 

標準車の17インチタイヤが19インチ大型ハイグリップタイヤに変更になるため、路面追従性とグリップ力がアップします。また大型になるぶん外見の迫力が増し、スポーティさを演出することもできます。

 

マフラーサウンド

 

マフラーはG's専用の大型バッフルに変更され、高回転域での迫力あるマフラーサウンドが楽しめます。

 

エクステリア専用装備

 

エクステリア周りにも、ハリアーG'sの高級感のある専用装備が追加されます。一見してすぐに「G'sハリアー」とわかる仕上がりになっています。

 

G'sハリアー専用アッパーグリル類

 

 

G'sハリアーには、専用のアッパーグリルやフロントバンパー、ラジエーターグリル、フードモールが追加されます。

 

G’sハリアー専用LEDイルミネーションビーム

 

 

標準ハリアーにはつけられないLEDイルミネーションが、フォグランプの下に装着されます。

 

G’sハリアー専用リヤバンパー

 

 

リヤバンパーは、G'sハリアー専用のハニカム構造リヤバンパーに好館されます。

 

G’sハリアー専用マフラー

 

 

マフラーは大型バッフルに交換。サウンドチューニングが施されています。

 

235/50R19タイヤ

 

 

標準ハリアーの17インチホイールは19インチにインチアップ。さらにブラック塗装・切削光輝加工がなされており迫力も十分です。

 

G's専用エンブレム

 

フェンダーやバックドアに「G's」のエンブレムが装着され、ハリアーをスポーティに演出します。

 

インテリア専用装備

 

G’s専用フロントスポーティシート

 

 

シートはスエード&シルバーダブルステッチ(合成皮革)のスポーティシートに変更になります。運転席・助手席はG'sエンブレム付のため、標準ハリアーとは全く違う雰囲気となります。

 

本革巻きステアリング

 

 

ステアリングは本革巻き3本スポークステアリングに変更。さらに、シフトノブも本革巻きとなり、高級感が大幅に増します。

 

また、

 

  1. ステアリングスイッチ
  2. シフトレバー
  3. センタークラスター
  4. ドアトリム
  5. リアシートエアコン吹き出し口

 

など、インテリアのさまざまな部位がダークメッキ調の塗装となるため、シックな空間ができあがります。

 

G’s専用オプティトロンメーター

 

 

オプティトロンメーターは全体的にレッド照明に変更されスポーティ感が増すほか、マルチインフォーメーションディスプレイのオープニング画面もG's専用に変更されます。

 

G’s専用エンジンスイッチ

 

 

標準ハリアーの青色スタートボタンが、G'sでは赤色に変更。

 

アルミペダル

 

 

アクセル・ブレーキはスポーティなアルミペダルに変更されます。

 

G'sハリアーのカラーラインナップ

 

G'sハリアーは標準ハリアーと同じく全7色のボディカラーラインナップとなっています。

 

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン ※32,400円
  2. シルバーメタリック
  3. スパークリングブラックパールクリスタルシャイン ※32,400円
  4. ブラッキッシュアゲハガラスフレーク ※32,400円
  5. ブラッキッシュレッドマイカ
  6. ダークブラウンメタリック

 

メーカーオプション料金が必要なボディカラーも標準車と同じなので、ここに関しては違いはありません。ハリアーの人気ボディカラーなどの情報については↓をご覧ください。

 

>>ハリアーの人気ボディカラーのランキングや対応色状況チェック

 

インテリアカラーは「ブラック」のみ

 

標準ハリアーの場合、内装カラーには「ブラック」と「ディープボルドー」の2色がありましたが、G'sハリアーの場合は「ブラック」に統一されています。選択肢はなくなりますが、ブラック一色の内装は標準ハリアーにはない特別な空間を作りだします。

 

G'sハリアーのメーカー・ディーラーオプションをチェック

 

G'sハリアーには、専用のメーカーオプションやディーラーオプションも用意されています。

 

メーカーオプション

 

レーザー加飾レッドライン仕様ホイール

 

 

標準装備だとブラック塗装のホイールとなりますが、メーカーオプションでレッドライン仕様に変更できます。

 

ディーラーオプション

 

ボディストライプ

 


料金;32,400円

 

ディーラーオプションで、G'sハリアーにボディストライプを付けられます。他のG'sハリアーと違いを付けるのに役立ちます。

 

G'sハリアー専用フロアマット

 

「G's」のロゴ付きのブラックフロアマットです。G'sハリアーは内装色がブラックで統一されているので、その雰囲気を崩さないブラックフロアマットは必須でしょう。

 

G'sと標準ハリアーの価格比較

 

G'sはもともとハリアーが持っている高級感をさらに追及し、なおかつスポーティさも出しているものとなっており、標準ハリアーとはまったく別物の外見となります。ハリアーは納期が数か月かかるほど人気のSUVなので、意外と街でもよく見かけます。なので、G'sハリアーを買って違いをだしたいという人もいるでしょう。

 

そうなると気になるのが「価格」です。実際、どのくらいの価格差があるのでしょうか?

 

G'sハリアー 3,291,055円
ハリアー特別仕様車 3,237,055円
ハリアー ELEGANCE 2,880,000円

※G'sハリアーのベースグレードは「ELEGANCE」のため、標準車は「ELEGANCE」と比較しています。

 

G'sハリアーのベース車との価格差はおよそ40万円と、実はそれほど価格アップするわけではありません。この価格差はだいたい特別仕様車と同程度なので、G'sになるからといって大幅に価格アップするというわけではなく、だいたい特別仕様車と同じ程度の負担でよいということがわかります。なので、ELEGANCEを買うつもりだった場合はそれなりのコストアップになりますが、はじめから特別仕様車を買うつもりだった場合は検討の余地があるということになります。

 

G'sは値引きがほぼ不可能

 

ただし、注意点が1つあります。というのも、G'sを購入する場合、ハリアーの値引きは全く期待できないということです。もともと値引きは「他の車と迷っている」から出るものなので、G'sを検討するということはそれ以外悩みようがない(ライバルがいない)ということになり、値引き交渉はほとんど不可能です。しかも営業マンもとても強気なので、交渉の余地は全くないと言っていいでしょう。

 

そのため、さきほどベース車との価格差は40万円程度と説明しましたが、値引き分を含めるともっとコスト差はあるということになります。

 

なので、ハリアーをしっかり値引きしてコストを抑えたいときはELEGANCEや特別仕様車、コストを無視する場合はG'sということになるでしょう。具体的なハリアー値引きテクニックについては↓の記事をご覧ください。

 

>>ハリアー値引き【50万円オトクに購入する条件とは?】


愛車の買取価格を知っていますか?


ハリアーを買いに行くなら、愛車の相場は必ず調べておいた方がいいです。愛車の価格を知らないで商談に入ると、下取り額が高いのか、安いのかわかりません。そして、数十万円からの大損ということもありえます。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。
かんたん車査定ガイドであれば、↑の画像のように愛車の買取相場がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/