ハリアーの安全機能や自動ブレーキなどの紹介

ハリアーの安全性能を評価

ハリアーに限らず、現在は「安全性能」が車の価値を決めるポイントの1つとなっています。そのため、「ハリアーの安全機能はどうなの?」と考える人も多いはず。

 

ハリアーに関しては、JNCAP(自動車アセスメント・国土交通省の自動車安全情報)で、最高ランクの「ASV+」を取得しており、非常に安全性能の高い車種となっています。

 

ここでは、ハリアーの自動ブレーキなどトレンド機能を含む、安全性能についてレビューしていきます。

 

ハリアーの先進安全機能

 

ハリアーはトヨタお得意の先進安全機能を多数採用しており、いろいろな状況でのアクシデント回避に活躍します。まずは、グレード格差のある安全機能について知っておきましょう。

 

レーダークルーズコントロール

 

ハリアーのレーダークルーズコントロールはブレーキ制御付きにグレードアップされています。そのため、先行車の状況に合わせて以下の4つのモードが利用できます。

 

定速制御

 

50km/h~100km/hの間で希望の車速を設定すると、その車速で定速走行することができます。

 

減速制御

 

先行車がハリアーよりも遅くなった場合、スロットルを絞って減速します。さらに急減速が必要な場合は自動的にブレーキを作動させて原則します。なお、減速制御の対応車速は50km/hまでとなるため、充分な減速ができない場合は、警報ブザーを鳴らしてドライバーのブレーキ操作を促進します。

 

追従制御

 

減速制御した後、先行車が再加速した場合は、ドライバーの指定した車間距離の範囲で追従走行をします。この際、設定した車速以上にはならないため、先行車が離れていく場合は車速設定をやり直す必要があります。

 

加速制御

 

先行車が目の前からいなくなった場合、あらかじめセットした車速まで加速して定速制御状態に戻ります。

 

通常のクルーズコントロールもあり

 

「PREMIUM」グレードのみ、標準でクルーズコントロールが搭載されます。ただし、これはレーダークルーズコントロールではなく、通常「定速制御」のみのものとなります。

 

ただ、メリットが2点あって、1つはレーダークルーズコントロールにバージョンアップする際、メーカーオプション料金が3万円安くなります。これは標準のクルーズコントロールがついているために、装着する機器などが少なくなり、安く済むためです。

 

もう1つは、追加料金なしでひとまず標準のクルーズコントロールが使える点です。「以前まで一般的なクルーズコントロールで慣れている」「高機能なものまでは高いからいらない」という場合は、標準でついているためお得になります。

 

プリクラッシュセーフティシステム

 

通称「プリクラ」と呼ばれる先進自動ブレーキ機能です。単眼カメラとミリ波レーダーの2本立てで前方の障害物を検知し、衝突しそうになると警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートします。

 

衝突可能性が低い範囲ではブザーでのブレーキ促進を行いますが、障害物が近づいて来たり、ドライバーが気付いていない場合は自動ブレーキ制御を行うイメージです。

 

とはいえ、自動ブレーキで確実に衝突が回避できるわけではなく、ハリアー側の車速が早すぎたり、近い距離で人が飛び出してきた場合は接触の可能性もあります。なので、過信は禁物となります。とはいえ、何もせずにぶつかるよりはずっとショックを軽減できます。

 

インテリジェントクリアランスソナー

 

ハリアーには、以下の2種類のクリアランスソナーがあります。

 

  1. クリアランスソナー&バックソナー
  2. インテリジェントクリアランスソナー

 

クリアランスソナー&バックソナー

 

ハリアーの前後に付けられたソナーが前後の障害物を検知し、ブレーキとアクセルを踏み間違えたり、アクセルを踏みすぎたときに衝突しそうになるとブザー警報などで通知してくれる機能となります。

 

インテリジェントクリアランスソナー

 

クリアランスソナー&バックソナーの上位版機能で、障害物との距離が近くなるとブザー通知をするのは同じですが、さらに衝突危険が増すとエンジンの抑制やブレーキ制御を自動的に行い、衝突を予防します。

 

どちらかを選ぶことが可能

 

クリアランスソナーに関しては、グレードによっては好きな方を選ぶことができます。インテリジェントクリアランスソナーは確かに高機能ですが、↑で紹介したレーダークルーズコントロールとプリクラッシュセーフティシステムとのセットオプションとなります。

 

インテリジェントクリアランスソナー 136,080円
クリアランスソナー&バックソナー 43,200円

 

そのため、↑のような価格差が発生します。したがって、自動ブレ―キまではいらない、という場合は4万円台の「クリアランスソナー&バックソナー」を選び、コストカットをすることもできるのです。

 

ただ、上記2つのソナー機能はグレードによっては選択状況が違うので、あらかじめグレードは決めおきましょう。メーカーオプション設定状況については↓の記事をご参照ください。

 

>>ハリアーのおすすめ・不要なメーカーオプション情報まとめ

 

レーンディパーチャーアラート

対応グレード:PREMIUM以上

 

路面の車線(白線・黄腺)を自動認識し、ドライバーがウィンカーを点けずに車線変更しそうになった場合(不注意、居眠りなど)、ブザーやディスプレイ警告を表示して注意をうながします。また、パワーステアリング自動操作も行なわれ、車線逸脱をしにくいようサポートします。

 

この機能はPREMIUM以上の対応となり、それ以下のグレードではメーカーオプション装備もできないので、グレード選びの際は注意が必要です。

 

車両接近通報装置

対応グレード:ハイブリッド車のみ

 

ハイブリッドのハリアーは、低速走行中はエンジンが停止されてモーター走行のみになることがあり、前方の歩行者や自転車にこちらの存在に気づいてもらえないことがあります。そうなると不意の飛び出しの原因になるため、ハイブリッドハリアーには「車両接近通報装置」が付いており、聞こえやすい音をわざと発音することができます。

 

この音は一時停止スイッチでオン/オフができるので、必要に応じて切り替えることも可能です。

 

全車標準装備の安全機能

 

次に、ハリアーの全車標準装備の安全機能・安全性能について見ていきましょう。

 

SRSエアバッグ

 

ハリアーには、以下SRSエアバッグ4点セットがすべて標準装備となります。

 

  1. SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  2. SRSニーエアバッグ(運転席)
  3. SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  4. SRSカーテンシールドエアバッグ(1~3列目シート)

 

前方からの衝撃に備えるものはもちろん、横からの衝撃の備えるカーテンシールドエアバッグも全車標準装備となっています。横方向のエアバッグに関しては、ヴォクシーなどでは5万円程度のメーカーオプション扱いとなるため、全グレード標準装備のハリアーは安全意識の高い高級車ということができるでしょう。

 

当然、後部座席の前や左右方向からの衝撃緩和もできるということなので、子どもなどを乗せる際にも安心感があります。

 

ドライブスタートコントロール

 

シフト操作を誤ってしまったときの急発進・急加速の制御を行う機能です。例としては、駐車場でバック駐車しようとして、後ろにうっかりぶつけてしまい、慌ててシフトをDにしたときに、アクセルを踏みすぎて2次被害が起きるのを防ぐために、エンジンの出力が絞られます。

 

S-VSC

 

  1. ステアリング制御(EPS)
  2. ブレーキ制御(VSC、ABS)
  3. 駆動力制御(VSC、TRC)

 

上記3つの制御機能をすべて管理するシステムの名前が「S-VSC」となります。滑りやすい路面での横滑り防止などのために、車両の挙動安定化、駆動力・トルクの制御などを行います。

 

EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト

 

雪道などの滑りやすい路面で急ブレーキを踏んだ際のタイヤロック防止機能「ABS」の上位装備となります。前後左右の制動力コントロール「EBD」機能が追加されているため、さまざまな局面でのタイヤロックを防止できます。

 

ヒルスタートアシストコントロール

 

通常、坂道で停車し、再発車する際、ブレーキからアクセルに踏みかえる間の時間はなんの制動力もなくなり、ずり落ちてしまうことがあります。ハリアーの「ヒルスタートアイストコントロール」では、踏みかえの間ブレーキ油圧を保持するため、ずり落ちを防止してスムーズに再発進することができます。

 

ハリアーの安全機能まとめ

 

ハリアーには多彩な安全機能が装備されており、JNCAPで最高ランクを取得するほど安全性能が高いと言われています。ただ、一部の先進安全機能についてはメーカーオプション扱いとなるため、最大限ハリアーの安全性能を高めたい場合はどうしても購入費用がアップしてしまいます。もし予算に限界があるなら、ハリアーの値引き交渉でコストカットを目指しましょう。ハリアー値引きの具体的な方法は↓で解説しています。

 

>>ハリアー値引きの交渉テクニックについて解説

愛車の買取価格を知っていますか?


ハリアーを買いに行くなら、愛車の相場は必ず調べておいた方がいいです。愛車の価格を知らないで商談に入ると、下取り額が高いのか、安いのかわかりません。そして、数十万円からの大損ということもありえます。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。
かんたん車査定ガイドであれば、↑の画像のように愛車の買取相場がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/