ハリアーのおすすめグレード

ハリアーのグレードを検証しよう

ハリアーはグレード数自体は少ないほうですが、ガソリンエンジンとハイブリッドの2種類に分かれているためグレード選びを若干ややこしくしています。それぞれのパワートレーンに分けて考え、グレード選びを簡略化したほうがいいでしょう。

 

まずはグレードごとの価格表を用意しました。予算を考慮してグレードを絞り込んでみましょう。

 

GRAND(ハイブリッド) 3,713,143円
ELEGANCE(ハイブリッド) 3,774,857円
PREMIUM(ハイブリッド) 4,032,000円
PREMIUM“Advanced Package”(ハイブリッド) 4,597,714円
GRAND(ガソリンエンジン) 2,992,114円
ELEGANCE(ガソリンエンジン) 2,880,000円
PREMIUM(ガソリンエンジン) 3,331,543円
PREMIUM“Advanced Package”(ガソリンエンジン) 3,897,257円

 

一覧を見るとわかりますが、ガソリンエンジンタイプはグレードの価格差はあまりありません。アドバンスドパッケージはさすがに400万円近い価格となりますが、それ以外は350万円以内に収まっているので、装備などを考慮して慎重にグレードを選びたいところです。
ハイブリッドの方もグレード間の価格差はあまりありませんが、最廉価のGRANDから350万円オーバーとなり、ガソリンエンジンモデルのPREMIUMよりも高価となります。なので予算は多めに見積もっておいたほうがいいでしょう。

 

ハイブリッドのグレードを比較する

 

グレードを選択する前に、装備の違いをチェックしておきましょう。

 

グレード名 装備
GRAND -
ELLEGANCE  
PREMIUM クルーズコントロール、レーンディバーチャーアラート、オートマチックハイビーム、パワーバックドア
PREMIUM(アドバンスドパッケージ) レーダークルーズコントロール、インテリジェントクリアランスソナー、レーンディバーチャーアラート、パノラミックビューモニター、オートマチックハイビーム、パワーバックドア

※ECB(電子制御ブレーキシステム)、ドライブスタートコントロール、ヒルスタートアシストコントロール、車両接近通報装置、緊急ブレーキシグナルは全グレード標準装備

 

インテリア、エクステリア周りもグレード差はありますが、走行性能には直接関係ないので省きました。ここでは、走行に関わるセーフティ機能に絞って紹介しています。

 

表を見てもわかる通り、クルーズコントロールやオートマチックハイビームなどの上級装備が搭載されるのはPREMIUMからとなります。直接安全にかかわる重要な機能は全グレード共通装備となりますが、クルーズコントロールなどの運転を快適にする機能は上級グレードからでないと使えないと考えていいでしょう。

 

アドバンスドパッケージの方はさまざまな機能が標準搭載となり、まさに運転機能のてんこもり状態と言えます。

 

ベストグレードは何?

 

クルーズコントロールなどは上級グレードからでないと搭載されないとはいえ、ないと運転に支障がでるというわけではありません。廉価グレードとの価格差が30万円あるので、その価格を飲み込めるかが選択のポイントとなるでしょう。

 

なので、最廉価のGRAND、もしくはELEGANCEもナシではありません。予算をなるべく低く抑えたいなら、廉価グレードを選ぶのは賢い選択でしょう。ただ、30万円アップして得られるのは安全機能だけではありません。ハンドルが木目調になったり、シフトパネルがエボニーストライプになったりなど、インテリア・エクステリアの高級感が増すので、お得といえばお得なのです。予算の都合がつくなら、PREMIUMを選ぶというのも面白いでしょう。

 

アドバンスドパッケージについては、価格が廉価モデルから100万円近くアップするので難しいところがあります。確かに機能が大量に追加されるのは魅力ではありますが、走行性能に直接かかわる部分ではないので、予算の余裕がないなら選ばない方がいいかもしれません。

 

ガソリンエンジンのグレードを比較する

 

ガソリンエンジンタイプも、ハイブリッドとほぼ同じで、安全性能・運転性能の部分の機能の差が主な検証ポイントとなります。まずは表をご覧ください。

 

グレード名 装備
GRAND -
ELLEGANCE  
PREMIUM クルーズコントロール、レーンディバーチャーアラート、オートマチックハイビーム、パワーバックドア
PREMIUM(アドバンスドパッケージ) レーダークルーズコントロール、インテリジェントクリアランスソナー、レーンディバーチャーアラート、パノラミックビューモニター、オートマチックハイビーム、パワーバックドア

※アイドリングストップ、ドライブスタートコントロール、ヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナルは全グレード標準装備

 

ほぼハイブリッドと同じです。従ってグレード選びも同じような形になり、廉価版を選ぶのもアリです。

 

ベストグレードは何?

 

ベストグレードはハイブリッドと同じくこれといったものはなく、予算と機能を考慮して後は好みで選ぶという形になります。30万円アップがOKならPREMIUM、そうでないなら廉価グレードから選ぶという形で問題ありません。

 

ハリアー格安購入術!

 

 

今このページを読んで、ハリアーのグレードについて検討されているということは、新車購入を考えられているのだと思います。

 

しかし、ハリアーはプレミアムSUVという位置づけなので、最安でも280万円前後、ハイブリッドになると最高で450万円するので、一般的なコンパクトカーやSUVに比べると割高になります。しかもハリアーは値引きもとても渋いので、相場通りの値引きを引き出すには高い交渉力が必要になりますし、何より時間を多く消費してしまいます。

 

そこで検討してほしいのが、未使用車、新古車のハリアーという選択肢です。

 

未使用のハリアーは車体や保証は新車と変わりません。しかも、新車よりもずっと安く買うことができます。

 

ハリアープレミアム(ガソリン) 2WD/CVT 新車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

3,445,322円

30,700円

3,476,022円

 

ハリアープレミアム(ガソリン) 2WD/CVT 未使用車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

2,940,000円

0円

2,940,000円

※差額は約53万円!

 

↑は一例として、ハリアープレミアム(ガソリン)の新車と未使用車の価格比較を挙げてみました。なんと、この例では53万円の価格差があるのです。単に車体価格が安いだけでなく、未使用車は新車登録の際に取得税も重量税も支払い済みとなるため、こちらは負担しなくていいのです。そのため、50万円以上のコストダウンが実現できています。これは一例ではありますが、平均して35万円~60万円程度安くなることが多いようです。

 

ハリアーのハイブリッドにしたいけど、予算が足りない…
4WDがいいけど、価格が上がるのがネック

 

こんなときでも、未使用車なら予算内で買える可能性が高いのです。

 

どこにいけば未使用ハリアーが買える?

 

未使用車はディーラーや中古車ショップで販売されています。ですが、全国各地にさまざまなグレードやボディカラーが散らばっているので、自分に合ったグレードやカラーのハリアーを見つけるのはなかなか難しいです。メーカーオプションの搭載状況も場合によって違うので、ネットで未使用車を検索するのがよいでしょう。

 

ただ1つ注意点があって、ネットではほとんどの未使用車が「非公開」となっています。理由はかんたんで、未使用車がネットに公開されるまでに時間がかかるからです。販売業者がサイトに未使用車を申請して、それが受理されるまでにタイムラグがあるので、その間は非公開となるのです。しかも未使用車は公開されるとすぐに売れていくので、公開車両というのは非常に少なくなります。事実、検索サービスで公開されている未使用車の数倍もの非公開車があると言われています。

 

なので、ネットを使って自分の希望に合った未使用ハリアーを探すなら、非公開車両対応の検索サービスを使うのが必須です。

 

オススメはここ!

 

中古車提案サービスはさまざまなものが運営されていますが、その中でもおすすめなのが「なびくる+」です。未使用車に対応しているのはもちろん、非公開を含む年間60万台もの情報を持っているので、希望通りのクルマが見つかる可能性が高いのです。

 

 

使い方もかんたんで、↑の画像のように年式のところを「今年」にして、備考欄に「未使用車」「グレード」「カラー」などの希望を記入しておくだけで大丈夫です。

 

あとは提案されたハリアーの中から好みのものを選びましょう。

 

非公開車両を探さないで未使用車を購入するのは非常にもったいないので、一度は利用したほうがいいです。

 

ちなみに、なびくる+では中古車ハリアーの非公開車両も充実しています。走行距離1万キロ程度で修復歴なしのハリアーが100万円以上安い場合もあるので、予算次第では中古車の紹介も受けてみるとよいでしょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです。
https://a-navikuru.com/sale

 

なぜ未使用ハリアーが存在するの?

 

ハリアーはどのグレードもトヨタ本社がトヨタディーラーに卸しているのですが、トヨタ本社にもハリアーの販売目標があるので、ディーラーが販売しきれない数量のハリアーを生産しています。ディーラー側も、仕入れ数によってインセンティブを受け取っているので断るわけにいかず、どうしても在庫を抱えることになります。そういったクルマが、未使用車として市場にあふれ出すのです。

 

そういったクルマは新車としての取り扱いではないため、ディーラーの新車販売よりもぐっと割安で購入できます。

 

保証は大丈夫なの?

 

当然気になってくるのが保証面だと思いますが、これは問題ありません。

 

というのも、ハリアーを含む国産車は、新車登録されてから3年間、メーカー保証が付くことになっています。なので、未使用ハリアーを購入したら、トヨタディーラーに持っていって申請することで、新車と同様のメーカー保証を付けることが可能なのです。

 

デメリットはないの?

 

当然、デメリットもいくつかあります。

 

まず一つ目が、「未使用品は完成品である」という点。そのため、グレードやボディーカラーを後から変えることはできません。

 

2つ目に、「メーカーオプションの追加ができない」という点もあります。したがって後からバックカメラを付けたりすることはできません。

 

※ディーラーオプションについては、ディーラーに行って申し込めば自由に追加できます。

 

したがって、未使用車を選ぶ場合は「グレード」「ボディカラー」などをしっかり指定し、バックカメラなどが欲しい場合はきちんと搭載されているものを選ぶことが重要です。

 

なびくる+で探す場合は、「備考欄」にしっかり希望を書いておきましょう。

 

 

 

ハリアーは各グレードとも300万円前後しますし、値引きの難易度も高いので、それであれば何もせずに格安購入でき、内容も新車同様で、メーカー保証も新車と同じである未使用車はよい選択となるでしょう。

 

とはいえ、未使用車は常に存在するわけではありません。未使用ハリアーは人気も高く、早いもの勝ちなので、できるだけ早めに申し込みをしてすぐに確保しておくことが重要です。それに、すぐに連絡しておけば、もし希望を満たしたハリアーがなくても、見つかり次第連絡ということが可能になります。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです。
https://a-navikuru.com/sale

愛車の買取価格を知っていますか?


ハリアーを買いに行くなら、愛車の相場は必ず調べておいた方がいいです。愛車の価格を知らないで商談に入ると、下取り額が高いのか、安いのかわかりません。そして、数十万円からの大損ということもありえます。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超えることもあります。まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を利用し、下取りで安く買い叩かれるのを防止しましょう。
かんたん車査定ガイドであれば、↑の画像のように愛車の買取相場がすぐにわかります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらで利用できます。
http://a-satei.com/